初心者でも腹式で話せる方法1

皆さん、こんにちは!

MHです。

 

今回は「発声」のお話をしたいと思います。

「発声」と聞くとボイストレーニングをしたり、難しそうなイメージがあるかもしれませんが、

安心してください。

 

今回は誰でも簡単にできて、気持ちよく声が出せるようになる、発声の練習方法をご紹介します。

 

そもそも

そもそも僕はラジオDJになる前はシンガーを目指していました。

その時に、とある実力者のボイストレーナーの先生の下でずっとボイストレーニングを積んでいました。

 

発声は奥が深くて、プロの歌手やシンガーの方もボイストレーニングに通われている方が多くいます。

突き詰めれば突き詰めるほどに奥が深まっていく、終わりのないトレーニングなんです。

 

ですが、それはプロの歌い手の話。

一般の人にはそこまでは必要ありません。

でも「声が出しずらい」「大きい声が出せない」「声を出すのが恥ずかしい」と

声を出す=発声について

悩んでいる方も多いと思います。

 

そこで、今回はボイストレーニングを長年やってきた僕が、日常で声を上手に出すために誰でも簡単にできる発声のトレーニング方法をご紹介したいと思います。

簡単です、これ。

簡単なので、是非毎日実践してみてください。

 

「ラ」で発音すると自然と腹式発声になる

そう、「ラ」です。

毎日「ラララララララ」と発声練習してください。

基本的にはこれだけです。

これで発声の練習になります。

 

どういうこと?とお思いだと思いますので、ご説明しますと

「ラ」で発音すると、意識せずともお腹から声が出るのです。

いわゆる腹式呼吸というやつです。

 

腹式呼吸は発声の上でとても大事な要素です。

お腹から声が出なければ、大きな声も出ないし、声も通らないし、しゃべり続けられません。

喉から(胸式)ずっとしゃべっていると、喉を痛めてしまいます。

 

しゃべることに慣れていない方や声を出すことに慣れていない方は、当然喉だけしゃべっています。

正確に言うと胸のあたりから空気を持ってきているので胸式と言うんですが、

胸式だと空気をたくさん持ってこれないのと、腹式に比べて不安定なので、

ちゃんとした声が出せません。

 

ちゃんとした声が出ない→うまく声が出ない→話すことの自信を無くす

 

という悪循環に陥ってしまうのです。

 

だから、できるだけ腹式呼吸で話して欲しいのです。

腹式呼吸というとボイストレーニングを長年積んで身につけるもの、

いろんな工夫をして習得するものと思うかもしれませんが、

自然と話す程度の腹式呼吸なら「ラ」で発音するという練習方法で十分です。

 

「ララララララララララ」と毎日発声練習してください。

これをやるだけで自然とお腹から声が出ています。

 

簡単でしょ?

この時、できるだけお腹から声を出していることをイメージしてもらうと効果的です。

 

車の中、自分の部屋の中、外で周りに人がいない時・・・・

気付いた時にラララララ ラララララララ ラララララ

とお腹を意識して言ってみてください。

 

上のラを読んでもらうとわかるかと思いますが、5・7・5のリズムになっています。

これだとやりやすいので、オススメです。

僕も外郎売をトレーニングする前は、ラの発音でまずは腹式を確かめます。

 

最初のうちはお腹から声が出ているのかよくわからないと思います。

ですが、ラララララと言った後に、そのままの身体の使い方で言葉をしゃべってみてください。

きっと今までと違う発声をしているはずです。

 

ラはお腹から声を持ってこれる音なのです。

 

 

【ちょっと・・・お知らせ】

「コミュニケーションが苦手」「コミュ障で悩んでいる」「もっとうまく人と関われるようになりたい」

といった相談をたくさんいただき、

「コミュ力アップの方法をもっとわかりやすく伝える方法はないか?」と考えた結果、

効果的なコミュニケーション能力アップのノウハウを動画に凝縮しました!

このブログでも効果的なメソッドをお伝えしていますが、動画では、文字だけでは伝えきれない実践的なノウハウをわかりやすくお伝えしています。(MKももちろん顔出し・生声でレクチャーしています 笑)

コミュニケーションを明日から変えたい!と思っている方は下の画像をタップして動画の詳細をチェックしてください!

(サンプル動画もあります)

明日からコミュ力が変わる!MKコミュニケーション術 10の極意動画

ラの発音のメリット①息がコントロールできる

そして、ラは単発で切れる音なので、息が集中させやすいというのも特徴です。  

声は息が元となって出ます。

お腹や胸から上がってきた息が、喉の声帯を通って、声に変換されて言葉として外に出ます。

 

ですが、声を出すのが苦手な人は息のコントロールをするのが苦手です。

息をしっかりとコントロールして出せていないので、声もしっかりと出ないのです。

こうした方は一音一音、息を集中させて出すことが大切です。

 

息がうまく出せていない人の息は、風船から空気が少しずつ漏れていくイメージです。

そして声をうまく出せる人、つまり息のコントロールがうまい人は、自転車の空気入れでスッ、スッ、スッとまとまった空気を小切れよく外に出している感じです。

なんとなくイメージつきますかね?

 

この自転車の空気入れのようなスッ、スッ、スッと空気を出すイメージに近いのが、

ラで発音した空気の使い方なんです。

 

ラの発音のメリット②舌のトレーニング

滑舌は舌の動きやナメラカさが重要になってきます。

細かいことまで言うと、それをコントロールしているのが舌の筋力です。

 

「ラ」と言ってもらうとわかるのですが、舌を動かさざるを得ません。

舌を動かさずしてラは発音できないのです。

 

普段あまり「話すこと」に慣れていない人は、舌を動かすことにも慣れていません。

なので、舌の筋肉があまり発達していないのです。

 

そういう方にも「ラの発音」は効果的です。

「ラララララ ラララララララ ラララララ」と数回くりかえすことを日課にしてみてください。

そしてできればそのままの息の使い方で、

 

・独り言

・前の記事でご紹介した外郎売

・もしくはテレビやラジオの人の言っていることを復唱してみる

 

というのを繰り返してください。

それを日課にしてください。

そうすることで、腹式での発声や効率の良い息の使い方、そして舌の筋トレに繋がります。

何も難しいことを考えずに、ただただ繰り返してください。

とにかく毎日続けることが、「話すこと」への最も近い道となります。

 

しかし、ひとつだけ心がけるとすれば、力は抜いてください。

気張らず、身体の力を抜いて、リラックスして練習をしてください。

腹式にすることも、舌の筋肉も、力が入っているとうまくいきません。

休日のリラックスした気持ちを思い浮かべながら、気楽に「ラララララ」と発音練習してみてくださいね!

 

今回のまとめ

・ラで発音すると自然と腹式での発声になる

・ラは息のコントロールにもなる

・ラは舌の筋トレにもなる

・リラックスしてやることが大切

 

どれも難しいことではありません。

最後にもう1つ言いたいことは、腹式で話せる人はオーラが違います。

お腹から声が出ると、丹田(お腹の下の身体の部位)から力を出している気がして、発せられる声にとても力強さを感じます。

話すことというのは、自分を伝えることなので、パワーと共に自分を伝えられる人というのは自信が感じられ、オーラが変わってくるのです。

 

芯のある声を出すというのは、どこか頼りがいがある印象を持ちませんか?

発声を腹式にして、是非そのようなオーラをまとってください。

腹式発声は思わぬ副産物をいろいろともたらしてくれると思います。

 

【ちょっと・・・お知らせ】

「コミュニケーションが苦手」「コミュ障で悩んでいる」「もっとうまく人と関われるようになりたい」

といった相談をたくさんいただき、

「コミュ力アップの方法をもっとわかりやすく伝える方法はないか?」と考えた結果、

効果的なコミュニケーション能力アップのノウハウを動画に凝縮しました!

このブログでも効果的なメソッドをお伝えしていますが、動画では、文字だけでは伝えきれない実践的なノウハウをわかりやすくお伝えしています。(MKももちろん顔出し・生声でレクチャーしています 笑)

コミュニケーションを明日から変えたい!と思っている方は下の画像をタップして動画の詳細をチェックしてください!

(サンプル動画もあります)

明日からコミュ力が変わる!MKコミュニケーション術 10の極意動画

 

今回はここまでです。

それでは!

MKでした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です