コミュニケーションが苦手な人の特徴2~勘違いの人~

こんにちは!

DJのMKです。

 

今回はコミュニケーションが苦手な人シリーズの2弾目です。

今回のテーマは「勘違いの人」です。

 

会話を勘違いしてしまう人のことです。

 

会話の内容を間違えてとらえてしまうことはよくあることです。

ですが、それは偶然で起こったのではなく、その人に「あるクセ」があるからこそ起こってしまうことなのです。

 

では、そのクセとは何なんでしょうか?

 

またもう1つ、勘違いの人でコミュニケーション能力に問題を抱えているタイプの人がいます。

それは「相手の性格を決めつけて勘違いしたまま話す人」です。

自分や周りに思い当たる人いませんか?

 

それでは、1つずつ詳しくお話ししていきましょう。

 

勘違いの人その1~相手の話を勘違いしてしまう人~

 

相手の話の内容を勘違いしてとらえてしまうことは誰でもあります。

しかし、思考の仕方によってその頻度は変わってきます。

思考の仕方とは、つまりクセのことです。

 

相手の話を聞く時に、ある「クセ」がある人は相手の話を勘違いしやすい傾向にあります。

 

そのクセとは「相手の話の一部分だけを切り取ってしまう」ことです。

どういうことかと言うと、

相手の話の一部分だけに執着してしまって、全体の内容は理解しないまま切り返しの話をします。

その人は切り取った一部分から自分の話したい話題に持っていき、相手の話したいこととは全然違う話題にしてしまいます。

 

その切り取った一部分と自分の話したい内容が結びついて、強引にそちらの方向に話を進めてしまうのですね。

つまり話の主役をいつの間にか奪ってしまうのです。

皆さんも、このような経験はありませんか?

 

こういう会話をされると、話していた方は

「いやいや、そこじゃないんだよな~」と結構ゲンナリします。。。

自分の聞いて(共感して)欲しいことから、急に相手が話したい話題にすり替えられてしまったからです。

 

人は共感して欲しい生き物

人が話す目的は自分の気持ちを「共感」して欲しいから話すのです。

それを無視され、いつの間にか相手の話を聞く立場にされたら、表に出さなくても心の中では結構がっかりしているのです。

それが積み重ねられると相手への信頼も薄れていき、いつの間にか「この人と話したい!」という気持ちがなくなっていきます。

 

このように「相手の話の一部分だけを切り取って自分の話題へすり替えてしまう人」というのは、

「人間は共感して欲しい生き物だ」ということを理解していないので、話の主役を奪うようなことをしてしまいます。

 

やっている本人も同様に自分の価値観や想いを共感して欲しいので、仕方ないといえば仕方ないのですが、

それを自分自身で理解していない上に、「相手も話をして共感して欲しがっている」ということもわかっていないのですね。

 

ちょっと困った状態ですね。

「相手も話を聞いてもらいたい」という事実を理解する日が来ればいいのですが、それを誰かが教えてくれることもなく、話題の主役を奪っていることを指摘してくれる人もほとんどいないので、そうしたクセは直りにくいのです。

こうした人の過程を見ていくと「聞き上手は人から好かれる」という意味がわかりますよね。

人間は自分の話を聞いてもらいたい、自分の想いを共感・理解してもらいたい生き物なのです。

 

それを頭の片隅にいつも置いておけば、コミュニケーション能力はかなりアップすると言っても過言ではありません。

是非その意識がこれまで持ててなかった方は、少しだけでもいつも意識しておいてくださいね。

 

 

【ちょっと・・・お知らせ】

「コミュニケーションが苦手」「コミュ障で悩んでいる」「もっとうまく人と関われるようになりたい」

といった相談をたくさんいただき、

「コミュ力アップの方法をもっとわかりやすく伝える方法はないか?」と考えた結果、

効果的なコミュニケーション能力アップのノウハウを動画に凝縮しました!

このブログでも効果的なメソッドをお伝えしていますが、動画では、文字だけでは伝えきれない実践的なノウハウをわかりやすくお伝えしています。(MKももちろん顔出し・生声でレクチャーしています 笑)

コミュニケーションを明日から変えたい!と思っている方は下の画像をタップして動画の詳細をチェックしてください!

(サンプル動画もあります)

明日からコミュ力が変わる!MKコミュニケーション術 10の極意動画

勘違いの人その2~相手の性格を決めつけて話してしまう人~

 

僕は昔、これをものすごくやっていました。

「相手の性格や人間性をこれまでの経験から決めつけてしまう」というものすごく独りよがりで、勘違いなことを。

 

これをやられると話している相手は

「いや~、なんかさっきから私のこと決めつけられている気がするな~。なんか気分悪いな~。」

と感じます。

相手からすごく上から見られている気がするので、気分も悪いです。

そしてオンリーワンであるはずの自分の個性も否定された気分になるので、それでも気分が悪くなります。

 

こうした独りよがりな「決めつけ」をしてしまう人は結構います。

特に年上から年下に話している時や、上司から部下へ話している時に起こりがちです。

 

「人生経験豊富な私は、キミのやることはだいたいわかっているよ」と言わんばかりに、自分のことを決めつけてしまうのです。

嫌な感じですね。

相手は自分が人を見る目があるのをアピールしたいだけなので、結局自分の凄さを誇示したいだけなのです。

結局自分のための会話なのです。

 

こうした人に相手の話を聞く気なんて基本的にはありません。

先ほどと同じように自分が主役で話を進めたがるので、相手にとったら「自分の気持ちを理解・共感してくれる人」ではないため、だんだんと信頼は薄れ、話す気がなくなってきます。

相手のオンリーワンの気持ちをしっかりと考える

 

では、このような「相手の性格を決めつけてしまう人」には何が必要なのでしょうか?

それは「相手の気持ちはオンリーワンである」ということをしっかりと理解することです。

 

決めつけてしまう人は自分のこれまでのデータベースから過去にいた同じような人を引っ張ってきて、その人に当てはめます。

しかし、そんなデータベースはハッキリ言ってたいしたことありません。

たかが人が人生の中で出会う人なんてタカが知れています。

そんなちっぽけなデータベースから引っ張ってきた「似たような人」はその人と全く同じなわけがありません。

僕も過去の自分に言ってやりたいです。

「そんな小さな世界でわかった気になるんじゃねぇよ」と、強く!(笑)

 

人間は千差万別です。

例え似たような人生を歩んできているとしても、その時々で人の気分や気持ちは違います。

だからその日その時間の相手の状況を聞かない限り、その人を本当に理解することなんてできないのです。

例えそうしたとしても100%なんて理解できないものです。

 

なので、相手の性格を決めつけて話してしまう人は「相手の性格や気持ちは、しっかり話を聞いた上でも100%理解できない」ということを根本的に理解する必要があるのです。

 

そのような人は「自分の話を聞いて欲しい」という気持ちや「自分がスゴいんだぞ」と誇示したい気持ちなど、他にも改善しなければいけない問題があるので、その辺りも含めて根本的な考え方を変えていかなければいけなく、なかなか改善するのは難しいのですが、

最終的に「相手のことはしっかり話を聞かなければわからない」ということがわかれば、コミュニケーション能力は格段に改善していくでしょう。

 

そして、相手の話を聞けるようになれば、相手も「自分のことを理解・共感してくれる」と思って、好感を持ってもらえるようになります。

いい循環になっていくのですね。

人のフリみて我がフリ直せ

 

いかがでしたか?

こんなあるあるの人は周りに結構いますよね?

ひとつひとつ紐解いていくと、そのような人もなんだか可哀そうに思えてくるのですが、逆に自分もそうならないように気を付けていかなければいけません。

(もちろん僕も常に気を付けています)

 

しかし、最終的にたどり着くところは「いかに相手の気持ちを考えられるか」というものすごくシンプルなことです。

その最も大切なことを普段どれだけ実践していけるかで、コミュニケーション能力は大きく変わってきます。

難しいことではないですが、常にとなるとなかなか難しいですよね。

 

でもこれが実践できるようになれば、必ずコミュニケーション能力の高い人になれます。

一緒に日々、心がけていきましょうね!

 

【ちょっと・・・お知らせ】

「コミュニケーションが苦手」「コミュ障で悩んでいる」「もっとうまく人と関われるようになりたい」

といった相談をたくさんいただき、

「コミュ力アップの方法をもっとわかりやすく伝える方法はないか?」と考えた結果、

効果的なコミュニケーション能力アップのノウハウを動画に凝縮しました!

このブログでも効果的なメソッドをお伝えしていますが、動画では、文字だけでは伝えきれない実践的なノウハウをわかりやすくお伝えしています。(MKももちろん顔出し・生声でレクチャーしています 笑)

コミュニケーションを明日から変えたい!と思っている方は下の画像をタップして動画の詳細をチェックしてください!

(サンプル動画もあります)

明日からコミュ力が変わる!MKコミュニケーション術 10の極意動画

 

それでは!

MKでした!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です