パーソナルスペースをうまく使うと仕事のコミュ力がアップする!

こんにちは!

ラジオDJのMKです。

 

今日はパーソナルスペースの話をしたいと思います。

相手の距離感ですね。

この距離感を取り間違えると、知らぬ間に人間関係において損をしていることがあります。

 

逆に、距離感の取り方(この場合は物理的な距離感)がうまい人は、コミュニケーションのスペシャリストである人が多いです。

僕の周りにも一人、パーソナルスペースを天然でうまく使う友達がいます。

僕からすると「やたら距離が近いな〜」と感じるんですが、その友達は友人も多く、異性からもものすごくモテます。

同僚と近い距離

逆にコミュニケーション能力が高くない人は、必要以上に他人との距離を取りたがる傾向にあると思います。

「この人ものすごく私と距離を取るけど、私のこと嫌いなのかしら?」

と思った経験はありませんか?

 

ですが、距離を取っている本人は意識的に距離を取っているわけではありません。

無意識にやっていることですが、ほとんどです。

無意識にやっていることが相手を不快にしてしまっていることがあるのです。

 

ですが、近いからいいっていうものでもありません。

特に仕事の場においては。

 

今回はこの「パーソナルスペース」について少し理解して、上手に使っていきましょう!というお話をしたいと思います。

 

パーソナルスペースとは?

では、パーソナルスペースとは何か?から話していきたいと思います。

皆さん、なんとなくご存知だと思いますが、具体的にどのくらいの距離感が、どんな心理的影響があるかまでは細かく知らないと思います。

 

パーソナルスペースとは、「これ以上近寄らないで〜!」という距離です。

それ以上近寄られると恐怖を感じたり、不快に思う距離です。

距離感

恋人や家族とはいくら近くても構わないけど、職場の人や初対面の人とは距離を取りたくなりますよね。

そうした距離感を研究した人がいまして、その人物がアメリカの文化人類学者であるエドワード・ホールさんです。

 

エドワード・ホールさんは、パーソナルスペースを以下の4つに分類しました。

距離

関係性

親密距離(0cm〜45cm)

恋人や家族など、体と体が触れるほどの距離で、それが許せるほど親密な関係性の人との距離
私的距離(45cm~120cm) 仲の良い友人や家族など、普通に会話をする時に適度に取る距離。相手の表情が良くわかり、深いコミュニケーションを取るほど心を許している相手と取る距離
社会距離(120cm~350cm) 相手に触れることができない距離で、仕事場での距離はこの程度であることが多い
公共距離(350cm以上)  全く知らない人に対して取りたい距離。もし相手が危害を加える動きをしてきても、対応できる距離

 

人は相手との関係性において無意識にこのような距離感を取っています。

ですが、これは平均的な距離感で、人によってパーソナルスペースは違うと言われています。

一般的に女性よりも男性の方がパーソナルスペースは広い(=相手と距離を取る)と言われています。

 

逆に女性は比較的パーソナルスペースが狭いと言われています。

女性同士で近い距離で行動しているのをたまに見かけますね。

その距離感は、僕たち男からすると信じられないくらいです(笑)

談笑するOL

現代社会はパーソナルスペースの距離が掴みにくい

職場やコミュニティなどの社会生活において、パーソナルスペースはきっちり守らないと相手に不快感を与えてしまいます。

現代の職場ではこの傾向が特に強くなってきている気がします。

 

「セクハラ」「パワハラ」「スメハラ」などと、ある程度距離を取らないとすぐに「問題」として挙げられ、自らの地位が危うくなる場面は少なくありません。

男女間、部下上司の間では、特に慎重にならないといけません。

センシティブな問題な上に、人それぞれ距離感が違うので、誰かが問題と言えば問題になってしまうし、それは尊重されるべきだと思うのですが、あまりに全員の価値基準を判断にしてしまうと収集がつかなくなってしまいます。

 

個人的には、仕方ないことだと思いますが、とってもめんどくさい状況だと思います(笑)

悩む少年

それがゆえ、物理的な距離感や心の距離感が掴めない人も多いのではないでしょうか?

安全パイをとって、少し距離をおおめにとっている人もいると思います。

 

でも、それでは心の距離はなかなかうまく詰められません。

 

実は、パーソナルスペースを逆に詰めてあげると心の距離もグッと近くなるのです。

 

 

パーソナルスペースを一歩踏み込むと仲良くなる

パーソナルスペースの実験でこんなものがあります。

 

恋人同士や家族などの親密距離や仲の良い友達との私的距離は、だいたい120cmほどまでです。

逆に全く知らない人同士では、350cm以上の距離がないと気持ち悪く感じます。

 

実験では、初めて会う人同士を敢えて、60cm〜240cmの距離の間で、それぞれいくつかの距離間のパターンに分けて、話してもらいました。

 

すると、相手が近くにいればいるパターンほど、話した後、相手にいい印象を持ったという実験結果が出ました。

つまり、物理的に相手と距離を縮めれば、お互いにいい印象を抱きやすいということがわかったのです。

距離感の画像

面白いですよね?

心の距離は、物理的な距離にも左右されるのです。

冒頭でお話しした僕のやたらとモテる友人は、この法則を無意識に使って、物理的な距離を近づけることで心の距離を近くしていたのです。

 

敢えて一歩踏み出してあげることで、相手との心の距離をグッと近づけられるというのですから、これを使わない手はありません!

 

逆に、敢えて安全パイで少し距離を取るようにしていると、心の距離は一向に縮まらなくなってしまいます。

慎重な人ほど敢えて距離を取ってしまい、なかなか職場の人と仲良くなれない・・・と悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

 

【ちょっと・・・お知らせ】

「コミュニケーションが苦手」「コミュ障で悩んでいる」「もっとうまく人と関われるようになりたい」

といった相談をたくさんいただき、

「コミュ力アップの方法をもっとわかりやすく伝える方法はないか?」と考えた結果、

効果的なコミュニケーション能力アップのノウハウを動画に凝縮しました!

このブログでも効果的なメソッドをお伝えしていますが、動画では、文字だけでは伝えきれない実践的なノウハウをわかりやすくお伝えしています。(MKももちろん顔出し・生声でレクチャーしています 笑)

コミュニケーションを明日から変えたい!と思っている方は下の画像をタップして動画の詳細をチェックしてください!

(サンプル動画もあります)

明日からコミュ力が変わる!MKコミュニケーション術 10の極意動画

 

勇気を出して一歩踏み込む

「物理的な距離が、心の距離に関係する」

この法則をうまく使ってみましょう!

 

今まで距離を取ってしまっていた相手には敢えて一歩踏み込んで、物理的な距離を縮めてみましょう!

そうすれば、相手との関係性が変化してくるかもしれません。

 

きっと「苦手だな・・・この人」と思っている相手には、自然とあなたは物理的な距離を取ってしまっているはずです。

心の距離が、物理的な距離を作ってしまっているのです。

おそらくその相手も物理的な距離が遠い分、あなたに心の距離を感じているはずです。

 

これでは関係は一向によくならないばかり。

あなたの心の不安材料や嫌悪感は一向に解消されません。

職場での距離感

それを解消してあげるには、「敢えて物理的な距離を近づけてみる」ことです。

少し勇気がいると思います。

いきなりグッと近づくと相手もびっくりしてしまうので、多少気を使わなければいけませんが、思い切って苦手だと思う相手に一歩近づいてみましょう!

 

すると思わぬ関係性の改善が見込めるかもしれません。

僕も「苦手だな・・・」と思っていた人がいて、その人と自然と距離をあけてしまっていたのですが、ある日勇気を出して、一歩近づいて話しかけてみたところ、「あれ、この人意外と悪い人じゃない」と感じて、苦手意識が少しなくなった気がします。

敢えて一歩踏み出すことで、その相手との関係性は少しずつ改善していきました。

 

パーソナルスペースを恋愛にも応用する

このパーソナルスペースの法則は恋愛にも応用できます。

もし、いま想いを寄せている相手がいれば、少しだけでも相手との距離を近づけてみましょう!

平行線だった相手との心の距離は自然と近づくはずです。

反応を見る

僕のやたらモテる友人は、天然のパーソナルスペースのテクニックで、これまで数多くの女性とお近づきになってきました(笑)

 

「なかなか手をつなげない」

「女性に近づくのは緊張する」

恋愛においていろんな悩みがあると思いますが、思い切って少し勇気を出してみると、2人の関係性はグッと近づくと思います。

 

でも相手が少しでも嫌がっている素ぶりを見せたら、すぐ退散してください(笑)

無理やりは絶対にいけません。

 

会話やコミュ力は、少しの意識の変化を積み重ねていくことが大切です。

徐々に、徐々に自分の殻をやぶって、うまく人と接することができるようになっていく自分を楽しんでください!

 

【ちょっと・・・お知らせ】

「コミュニケーションが苦手」「コミュ障で悩んでいる」「もっとうまく人と関われるようになりたい」

といった相談をたくさんいただき、

「コミュ力アップの方法をもっとわかりやすく伝える方法はないか?」と考えた結果、

効果的なコミュニケーション能力アップのノウハウを動画に凝縮しました!

このブログでも効果的なメソッドをお伝えしていますが、動画では、文字だけでは伝えきれない実践的なノウハウをわかりやすくお伝えしています。(MKももちろん顔出し・生声でレクチャーしています 笑)

コミュニケーションを明日から変えたい!と思っている方は下の画像をタップして動画の詳細をチェックしてください!

(サンプル動画もあります)

明日からコミュ力が変わる!MKコミュニケーション術 10の極意動画

パーソナルスペースを客観的に使えるとコミュニケーション上手になる

いかがでしたか?

パーソナルスペースを上手に使うと、いろんな人との関係性がうまくいくようになると思います。

特に苦手だと思っていた相手には、客観的にパーソナルスペースを見つめてみて、意識的に物理的な距離感を近づけてみましょう。

 

苦手という意識が先行してしまうと物事が客観的に見えなくなってしまいます。

それは、距離感以外でもよくない影響をもたらしてしまいます。

まず、客観的にパーソナルスペースや相手との距離感を見つめてみましょう。

職場でいい関係性

ぜひ、パーソナルスペースをうまく使いこなして、あなたのコミュ力を一段上げてみてください!

 

それにしても人間の心って本当に面白いですね。

 

今回はここまでです。

MKでした!

それでは!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です