【重要】誰も教えてくれない自己PRで最も大切なコミュニケーション能力を教えます

コミュニケーション能力を伸ばしたい!と思っている方の中に「就活中」の方がいると思います。

「自己PRなんてしたことないから、どうすればいいかわからない」

「自分をアピールするなんて、恥ずかしくてなかなかできない」

「アピールしなくちゃいけないのはわかっているけれど、アピールすることがない・・・」

 

など、就活中の方なら一度はぶち当たる壁ですよね。

特に面接をすでにたくさん受けている方にとっては、何度も何度も社会の厳しさを感じる場面があって、コミュニケーションの難しさを感じていることでしょう。

 

でも、少し考え方を変えるだけでガラっと自己PRが効果的なものに変わります。

そのポイントとなるのが、次のことです。

 

『自己PRという言葉にだまされて、自分のことばかりアピールしてしまっている』

 

「え?自己PRって自分をアピールすることじゃないの?」と思ったあなた、自分のアピールばかりしていては、面接はうまくいきませんよ!

自己PRという言葉にだまされないでください!

 

相手のニーズをつかむ

 

では、自己PRで本当にすべきこととは何でしょうか?

それは「相手のニーズをつかんで、自分の能力とマッチングさせること」です。

 

そう、自分ありきで考えるのではなく、企業側(相手)が欲するもの、つまりニーズで考えるべきなのです。

 

「わたし、こんなこともあんなこともできますからスゴイですよ~、わたしを取らないと損ですよ~」

なんてばかり言ってる人にあなたはいい印象を持ちますか?

もし、それが相手にとって必要のないスキルであればただの自慢話にしか聞こえません。

正直、自己PRではなく、ただの自己主張の強いめんどくさい人です。

 

面接官の人が求めているポイントは、

「自社の企業価値を高めてくれる能力を持っているか」です。

 

この観点が「自己PR」という言葉にだまされて、足りていない学生さんが多いポイントです。

ですが、それは仕方のないことです。

社会経験が少ない学生さんにとってはわかりずらいところです。

また、大学で進路指導をしてくださる方もやはりこうした観点を持っている方は少ないかと思います。

なぜなら、大学に勤められている方は一般企業の感覚とはどうしても違ってきてしまうからです。

 

学生さんが自己PRでやるべきことは「企業が必要としているスキルと、自分ができることをマッチングしてアピールすること」です。

 

社会でも同じことが求められる。『仕事ができる人、できない人』

 

「企業が求めているニーズに対して自分のできることを提供する」

これは就職活動に限らず、社会でも同様のことを求められます。

 

実は社会に出てからも、これができるかできないかによって、「仕事ができるか、できないか」が判断されます。

「仕事ができる」というのは、ただ自分ができることをテキパキこなせばいいということではないのです。

もちろんテキパキこなせることに越したことはないのですが、その「していること」が求められていることでなければいけません。

仮に、風船を人力で膨らませるのがものすごい速い人がいたとします。

この人は人の何倍も速く風船を膨らませることができます。

ひたすら風船を速く膨らませられるので、風船に関してはとても自信を持っています。

 

しかし、周りからしたら風船が速く大量に膨らませられても大してニーズがありません。

そんなことは機械でやればもっと速く膨らませられますし、そもそもほとんどの人はそんなに大量に風船は要りません。

 

この人は自分では、どんどんと風船を膨らませることを得意としているかもしれませんが、周りから必要とされているのは、バルーンアートのような子供を喜ばせる風船の技術なのです。

風船をただ大量に膨らませていても誰も喜びませんし、必要としていないのです。

 

こうやって書くと「そりゃそうだよ」と思うかもしれませんが、意外と大人でもこんな簡単なことがわかっていない人が大多数です。

 

相手が求めていることや物を考えて、それを提供する。

ものすごくシンプルなことですが、社会の複雑な関係性の中では意外とそれが見えにくくなります。

すると、いつの間にか与えられた仕事だけをこなす人になっていってしまいます。

このような人を社会では「仕事ができる人」と呼びません。

「仕事ができる人」というのは、相手の欲しているものやことを考えて提供する人です。

そこに「素早く」が加わると最強です。

それが仕事での原理原則です。

まぁ社会での話なので「素早く」は就活の場面では考えなくていいのですが、相手の欲しているものを提供するというのは、先ほど言った就活での話と一緒です。

相手の求める能力とマッチした自分の能力をアピールする。

仕事での原理原則を考えると、自己PRですべきことも自然とわかってきますね。

 

 

【ちょっと・・・お知らせ】

LINEでは日常で使えるコミュニケーション術を配信しています。
LINEでお伝えする「明日から使えるコミュニケーション術」で日々のコミュ力を少しずつ高めていってください。

友だち追加してくださったお礼として、コミュニケーションの基本となる「発声法」の動画をプレゼントしています。
声が出るようになると自分に自信がつき、相手への印象もガラっと変わります。

ラジオDJやシンガーのプロも実践する発生(練習)法で、あなたの声を是非変えてください!
ちなみに僕も顔出し、生声で登場しています(笑)


「現役ラジオDJのコミュニケーション術」のLINE公式アカウント登録は、下の「友だち追加」からどうぞ!

 

効果抜群のテクニック:エビデンスや証拠となるものを話に出す

 

これは社会での原理原則に基づいたもう1つのテクニックなのですが、社会人はエビデンスや証拠となるものに弱いです。

これさえ示せれば、はっきり言って面接官の人もコロっとあなたに惚れ込みます。

 

どういうことかと言うと、面接や自己PRではやる気や意欲を述べることが多いと思います。

しかし、やる気だけでは人は納得しません。

いくら「できます!やります!好きなので頑張ります!」と言っていても、言われている方は「ほんとに?」と半信半疑になり、「言うだけなら誰でもできるからな~」と当然のごとく心で思っています。

それだけでは採用までには至りません。

 

でも、ここでエビデンス(証拠)となるものを提供できると状況はガラリと変わります。

あなたが企業側が求めることが「できる理由」を証明してあげればいいのです。

 

「なぜあなたがそれをできるのか?」証拠を提供されると大人は途端に信用します。

できることならば、それが数字で表せるといいです。

なぜなら、大人は数字で証拠を出されると一気に信頼し出すからです。

例えば広告代理店に入りたいならば、

「私はキャッチコピーを考えるのが大好きです。そのために、いろいろなキャッチコピーを研究しました。

電車の中で見た吊り革広告や街で見かけるお店のポスターなどをスマホの写真に取って、ブログにアップしていました。

ブログにアップし続けて、自分なりの批評を書き込んでいったのですが、いつの間にかその数は400記事に上っていて、いつの間にかブログの読者も1000人を超えていました。」

 

というように、広告代理店のコピーライターを目指す人なら実際にやっているであろう何気ないことでも、このように「ブログ」という形あるものにすると、それが「事実」となるので、話を聞いている人に対して一気に信頼性が出ます。

しかも、このようにちょくちょく数字を出してあげることによって、さらにその功績の素晴らしさがイメージしやすくなり、信憑性がかなり増します。

 

大人はとにかく数字や形ある証拠に弱いのです。

ハッキリ言ってこのようなことは、「言い方・伝え方」でどうにでもうまく演出できるので、大して功績がなくてもどうにかうまく言い回しでアピールできる材料にならないか考えてみてください。

言い方・伝え方ひとつで事実はどのようにも脚色できます。

これは営業の人たちが、よくやっているテクニックです。

 

しかし、嘘はいけません。

嘘はすぐバレて一気に信頼を失うので、脚色のしすぎなどの嘘には気をつけましょう。

まとめ

 

いかがでしたか?

大人の視点で、面接や自己PRで本当に必要なことを書いてきました。

 

恐らく世の中にある面接本などには書かれていないことが1つや2つあったかと思うので、騙されたと思って是非実践してみてください。

効果はきっと・・・・・・楽しみにしていてください。

もし1つでも感心したことがあれば、シェアなどしていただけると嬉しいです。

 

就活は心が折れたり、慣れないことばかりなど大変なことが多いと思いますが、冷静になって取り組めば可能性はグッと高まります!

冷静に相手が求めていることを考えて、相手を満足させてあげる気持ちで是非臨んでみてくださいね。

大人も毎日同じくらい社会に揉まれていますので、頑張っていきましょう!

 

【ちょっと・・・お知らせ】

LINEでは日常で使えるコミュニケーション術を配信しています。
LINEでお伝えする「明日から使えるコミュニケーション術」で日々のコミュ力を少しずつ高めていってください。

友だち追加してくださったお礼として、コミュニケーションの基本となる「発声法」の動画をプレゼントしています。
声が出るようになると自分に自信がつき、相手への印象もガラっと変わります。

ラジオDJやシンガーのプロも実践する発生(練習)法で、あなたの声を是非変えてください!
ちなみに僕も顔出し、生声で登場しています(笑)


「現役ラジオDJのコミュニケーション術」のLINE公式アカウント登録は、下の「友だち追加」からどうぞ!

 

それでは!

MKでした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です